世の中にサッカージャーナリストというのは大勢いて、ポエム系や暴論系などそれぞれ色々カラーはあるんだけど、やっぱり後藤さんの文章は安定感がある!

【後藤健生コラム】日本代表、W杯前の大混乱 岡田監督は、なぜこの時期に方針転換したのか?

アジア予選の後、アジア予選での戦い方からW杯本戦への戦い方への切り替えを上手くできなかったというのは、ほんとにそうだと思う。

僕が思うに、例えば対戦相手を下記の3つにレベル分けした場合、

  1. 実力で圧倒していて勝たなくてはいけないアジアの弱小~中堅国
  2. 実力が伯仲しているか少し劣るが、工夫をして価値を狙いに行くべきアジアの強国および欧州・南米の中堅国
  3. 実力では明確に劣るが、引き分けやジャイアントキリングを狙いたい欧州・南米の強国

当然各レベルに対して取るべき戦略は変わってくる。3のレベルの国についてはなかなかそういう相手と真剣勝負をする機会もないし、対策を打ったからと言って簡単にどうにかなるものでもないので、まあしょうがない。もちろんそういう国との戦い方も真剣に考えないといけないけど、最優先ではない。1については、今の時点でここでつまずいているわけではないので(だからこそ今回も本大会に出場できている)、これも心配しなくても良いと思う。

やはり問題は2。ここら辺のレベルの国は本大会で予選グループ突破が目標になる。だから、このレベルの国にきちんと勝ちにいけるサッカーをしないといけない。これはなかなか難しくてレベル3の国にそこそこいいゲームができた(たとえばこの前のイングランド戦)からと言って、レベル2の国に勝てるわけではない。全く違う戦略が必要なんだと思う。日本代表で言えば、レベル1の相手にきちんと勝つのと同時に、レベル2の戦い方をきちんと作り上げないといけない。そうしないと、やっぱり「アジア予選は突破できるけど、本大会では手も足も出ない」というのを繰り返すことになってしまう。逆にヨーロッパの中堅国は、自分達と同等のレベル2の相手との戦いに重点を置いているように思える。だから、かならず毎回本大会に出れるわけではないけど、出た時にはそれなりに面白い戦いをして、時々驚くような結果を残す。

もちろん実際はこんな簡単な3つのレベル分けで語れるものではないんだけど、相手のレベルに合せてそれぞれ最適な戦略を選ぶことは絶対に重要なわけで、そういう意味で今の日本代表からはそれぞれのパターンでの明確なサッカーの形が見えてこないのはとても残念。監督の問題もあるだろうし、アジアにはレベル2の国も少ないという事情もあるけど、個人的には何から何まで「絶対に負けられない戦い」と煽っているマスコミの責任も少なくない気がする。

勝負は水物なので、今回のワールドカップでの日本代表がどんな結果を残すのかはわからないけど、仮によい結果を出したとしてもそれはチームとして良い準備をした結果だとは言えないと思う。秋から誰が監督になってどんな戦略をとるのか全然わからないけど、「アジア予選は突破できるけど、本大会では手も足も出ない」という現状を思いっきり打破してもらいたいと思う。僕は、仮に予選を突破できないというリスクがあるとしても、中長期的にはそういう方針が日本を強くすると考える。

まあそれはさておき、とりあえず今回は今回で頑張れ!です。ちょっと醒めてたけど、やっぱり直前になったら僕も盛り上がってきたぜー。

この数ヶ月、記憶力の低下がシャレにならないレベルになっていた。何かをし忘れるのではなく、自分がそれをしたという事実をわすれてしまうことも少なくなく...。ここまでくると、単に年齢の問題じゃない。やばい!

いろいろ考えてみた結果、どうも最近頭というか脳の使い方が雑だったんじゃないかと思うようになった。

一つは、過剰な情報のインプット。毎日1,000件近いRSSエントリーを流し読みしたり、できるだけたくさんの本を読むことを目標にしたり。もちろんその全てが身につくと思っていたわけじゃないけど、大量の情報を脳に浴びせていれば何らかのエッセンスが残るんじゃないかと期待して、「質も大事だが量も大事」をキーワードに、僕の脳が処理できる量を遙かに超えた情報をインプットし続けていた。その結果、脳みそがぶよぶよと水ぶくれした上に、撥水加工されたみたいに浴びせられる情報が脳の表面をつるんと滑って流れ落ちて行ってしまうような感じになってしまった。あくまでイメージ的に、だけど。

もう一つは、なるべく脳を使わない方向で効率を高めようとしたこと。GTDは「タスクを書き出すことによって頭の中からは追い出す」のがキモで、確かにそれによってタスク管理の効率は高まったんだけど、その結果個々のタスクについても効率的な処理ばかりを考えるようになってしまい、質が下がったり、タスクの内容をあとから思い返そうとしても思い出せないなんていうことが増えてしまった。これはもちろんGTDが悪い訳じゃなくて、GTDはあくまでタスク管理を効率化するためのものであって、個々のタスク自体はやはりよく考えて一つ一つ丁寧にやらなければいけないという、そこを勘違いしてしまっていたように思う。

こんな感じで脳を雑に使ってしまった結果が、集中力の低下とその結果としての記憶力の低下なんじゃないか。

というわけで、脳のリハビリを開始!とりとめないけど、心掛けることは以下。

  • 本は少数の厳選した本をゆっくりじっくり繰り返し読む
  • RSS登録数をざっくり減らして、情報のインプット量を減らす
  • 一つ一つの仕事を丁寧に、考えながら、記憶にしみこませながらやる
  • 仕事や一日の出来事の振り返りの時間を持つ
  • 考えたこと、思いついたことはメモして読み返す

たいしたもんじゃないけど、自分にとっては唯一の大事な脳なので、ちゃんとかわいがっていかないと。

面白かったのは「ゴールは偶然の産物ではない」。少し後で読み返す予定。

思うところあって、今後はもっと読む本を減らそうと思う。少数の、確実に面白い本を、ちゃんと脳みそにしみこむようにじっくりと読む。RSS購読削減と並行しての、脳のリハビリです。これについてはまた別途書く。

5月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3129ページ

ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~
面白かった。企業再生、ビジネス術についての良本。しかもその題材がバルサと来たら、ファンにはたまらんです。選手との交渉等の舞台裏話も興味深い。
読了日:05月29日 著者:フェラン・ソリアーノ
越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)
マニアックな問題が多いけど、実際小説やニュース記事を読む時にはもっとトリッキーな文章とも戦わないといけないわけで。勉強になったし面白かった。
読了日:05月24日 著者:越前 敏弥
父が子に教える昭和史 (文春新書)父が子に教える昭和史 (文春新書)
つぎはぎでまとまりがない。つまらなかった。
読了日:05月18日 著者:柳田 邦男,藤原 正彦,福田 和也,中西 輝政,保阪 正康他,半藤 一利
昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)
すごい読み応え...。
読了日:05月17日 著者:半藤 一利
遠い太鼓遠い太鼓
数度目の再読。やはりとても素敵な本。
読了日:05月05日 著者:村上 春樹
あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)
半藤一利「昭和史」の知識定着のための再読。
読了日:05月04日 著者:保阪 正康
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
読了日:05月04日 著者:林 成之
昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)
読了日:05月02日 著者:半藤 一利
日本力 アジアを引っぱる経済・欧米が憧れる文化日本力 アジアを引っぱる経済・欧米が憧れる文化
読了日:05月01日 著者:伊藤 洋一

読書メーター

ワールドカップ本大会前最後のゲーム、日本vsコートジボワール戦をTBSで観戦。

ゲームの内容についても言いたいことは山ほどあるんだけど、とりあえず今日は実況について。

今日のTBSの実況担当は佐藤文康アナ。率直に言って、もうピッチの音をそのまま流してもらった方がましなくらいの実況だったよ...。定型煽り文句や選手データの繰り返し、凡プレーでの絶叫、その一方で視聴者のゲーム理解を助けるようなコメントはすごく少ない。とりあえず言葉をつないで沈黙を埋めようと思うは、古舘伊知郎の亡霊なのか。

ただこれは佐藤アナに限った話ではなくて、ほとんどの地上派局アナによる中継はこういうレベルだと思う。

一方、普段欧州サッカーを中継しているスカパー!の実況・解説は本当に見事。少ない言葉で必要十分な情報やポイントを伝えてくれて、観戦者がゲームのおもしろみを理解する手助けをしてくれる。

で、スカパー!と比べて地上波民放のサッカー実況がこんな風になっちゃう理由だけど、僕は二つあると思う。一つは単純な話で、アナウンサーが持つサッカーの知識や実況している回数の違い。これは局アナに実況をさせている以上、どうしようもないことかもしれない。それでも、もちろん各アナウンサー個別に頑張って欲しい。それともう一つは、そういう煽り実況でサッカー人気が盛り上がったり、あまりサッカーに興味がない人もゲームを観てくれると思っているんじゃないか、とテレビ局が思っているんじゃないかということ。もちろん、これは全面的に間違った考え方だと思う。「絶対に負けられない戦い」と言いながらも実際はずるずる負け続けたり、「魂」とか「誇り」とか言いながらも実際は気が抜けた(気を抜いた)プレーが少ないことをもうみんな知っているわけで、こういう言葉は余計寒々しいだけ。熱心なファンは言うまでもなく、非サッカーファンもあきれているんじゃないかな。

むしろテレビ局は、目の肥えたファンを育てるよう、質の高い実況をしていくべきだと思う。中期的にはそれが視聴率にもつながるはず。

もちろん、スカパー!で欧州サッカーを観る人たちと地上波で日本代表戦を観る人たちは、サッカーについての前提知識が全く違うだろうから、地上波ではよりわかりやすい実況や解説が必要。ただ、わかりやすいのと幼稚なのとは違うからね。

とりあえず、僕はワールドカップ本大会はスカパー!で観戦の予定。でも地上波にも頑張って欲しい。

連休に泊まったホテルの紹介。

僕は20年近く前に愛知県豊橋市の高校に通っていたんだけど、豊橋駅前の街は当時からあんまりさえない感じだった。その後駅ビルがキレイになって一時盛り返したんだけど、他の田舎都市と同様、国道沿いの大型ショッピングモールに圧されて駅前はじわじわと衰退していって、ランドマーク的存在だった西武百貨店が閉店してからはかなり寂しい状況になっていた。その西武百貨店跡地に2008年にできたのがココラフロントという商業施設で、その中のホテルがアークリッシュ豊橋。

ココラフロント/COCOLAFRONT 豊橋駅前

【 HOTEL ARC RICHE TOYOHASHI | ホテル アークリッシュ 豊橋 】

このホテル、単に安い(2名1部屋で10,000円)というだけで何の期待もなく泊まったんだけど、予想以上のキレイさと質の良さに本当に驚いた。

エントランスやロビーのキレイさ・ゴージャズさや、従業員の方々の対応の上品さ。広さは普通のビジネスホテル並みだけど、清潔な部屋や充実したアメニティ。価格はビジネスホテル級だけど、ホテル全体の質はシティホテル級というか、ラグジュアリーホテル級と言ってもいいくらい!

特にすばらしいのが、宿泊客は無料で使えるラウンジ、「クラブフロア」。

【 HOTEL ARC RICHE TOYOHASHI 】クラブフロア・CLUB FLOOR

おしゃれでセンスのいいライブラリーと、夜景のキレイなゆったりしたソファー、あと無料のコーヒーサービス(セルフ)もある。あと、無料のPC利用サービスもあるし、ジムもある。ちなみにこのライブラリーの本を選定した方は、以前情熱大陸に取り上げられていた。

幅允孝(ブックディレクター): 過去の放送 - 情熱大陸

また今回は利用しなかったけど、レストラン・バーもかなりおしゃれで、しかもメニューを見る限り価格は良心的。

「何か裏があるんじゃないか?」「値段間違えてるんじゃないか?」と不安になるくらいのコストパフォーマンス。もう少し広い部屋なら、2〜3日ホテルステイを目的に泊まってもいいと思ってしまうくらいだった。

ゆっくり見る暇が無かったけどココラフロントの他の店もおしゃれで面白そうなお店がいろいろあったし、これまでの豊橋のイメージとは全然違う世界。さびれるばかりと思っていた故郷(の近くの田舎都市)の予想外の新展開に、うれしい驚きだった。

豊橋に行く機会がある人はぜひ(ってほとんどいないと思うけど)。

Google Adsense

アーカイブ

なかのひと

なかのひと

2011年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Profile

大井雄介 / Yuhsuke Ooi
gmail

最近のコメント